White paper Japan

 

YASUDA CRYPTO(TAKAYASUDA)
Name:Yasuda Crypto
Symbol:TAKAYASUDA

ADD TOKEN ; 0x651bc25bb8913c48a4249992c303b1e48189a004

Decimals :18

売買サイト:http://www.yt-crypto.com/yt/

White paper PDF:

Wite paper v4 JP
経世済民。「経済」という言葉はそもそも中国の古典の中にある「経世済けいせいさいみん」という言葉が起源である。

これは「世を經おさめ民を濟すくう」ことを意味している。世を治め、人民を救うこと。

国債発行に基づく財政出動だけでは、大きな経済効果が生まれないと考え、我々ができる経世済民が新しい時代を豊かな地球にするきっかけになるような取り組みを行い、その仕組みを後世に残したい熱い思いがこのYASUDA CRYPTOを誕生させました。

世界では、暗号通貨(仮想通貨)は、リアルマネーとして動いているものの、国の政策上高い税金や規制がかかっている背景には、国益を失うと危惧しているからだと思います。私どもは、オールドエコノミーから新しいエコノミーへとシフトをすることで、各国の国益を与えるスキームを作り上げています。
我々は、各国の国益のために、地球のためになる取組を暗号通貨(仮想通貨)、すなわちデジタルマネーによって無駄のないスマートな社会へシフトさせるために最新のテクノロジーと金融学と世界の金融機関ネットワークを進化させたスキームを完成させました。

このスキームを実践するために、世界の金融機関ネットワークをブロックチェーンに入れた暗号通貨(仮想通貨)を2019年6月に誕生させる。そのため、最新のテクノロジーを持っているEFOOD (Eurasiafoodcoin)から暗号通貨のプラットホーム提供と開発をしてもらい、独自の300年間以上稼働するスマートコントラクトを完成させ、世界最大規模のYASUDA CRYPTOが生まれました。

EFOODは、食を通じた社会貢献と地球の未来に貢献する暗号通貨(仮想通貨)で、2019年スイスのエクスチェンジ市場にて上場し、独自のブロックチェーン技術で他の暗号通貨(仮想通貨)開発を支援している。
また、EFOOD コインは、現在も付加価値をつけ通貨価値を高めており、市場で売買されている。
指定代理店やYT CRYPTO MANAGEMENT 社でYASUDA CRYPTOとEFOOD コインの換金が可能である。

YASUDA CRYPTOは、かつて日本で最大の規模を誇っていた安田金融財閥の子孫によって提供された暗号資産デジタルマネーである。安田金融財閥の設立者の安田善次郎が1866年御用両替を軸に巨利を得て、日本を代表する金融のトップになった。
最近の銀行業務の限界と時代の変革時期に現れたブロックチェーンを活用した暗号資産デジタルマネーの両替管理と幸福な社会創造のための通貨価値であり、一般的な通貨を超えた付加価値を持つ。

また、YASUDA CRYPTO通貨として、マーケットでの売買は可能であり、独自の売買マーケットを有しているため、金融投資としても有益であるが、暗号資産の売買はリスクを伴うため、適正の自分の判断にて取り扱って頂きたい。
YASUDA CRYPTOのコインは、数社の共通管理者によってリスクフォローされて管理されており、300年間以上稼働するAIスマートコントラクトに資金の活用と投資についてコントロールされている。

<ポリシー>

1.経世済民、各国の国益とスマートな社会を作るための金融支援を行う。
各国の金融機関等、未来のための事業を行う団体や個人への金融支援を実施する。
各国の金融機関には、高いレートでの取引手数料と融資の場合の保証枠を提供する。
そのほか、他の暗号通貨(仮想通貨)のマネタイズを支援。

2.以下の分野への金融支援を行い、YASUDA CRYPTO決済にて無駄なコストと消費をなくす。

(重点分野)
IBM社の試算によると、通常の貿易においてブロックチェーンを活用した貿易取引にすることで、年間18兆円の無駄なコストを削減すると言われている。また、支払いなどの銀行業務においてもブロックチェーン決済(暗号資産での決済)により年間30兆円以上の無駄なコストを削減すると我々は試算する。

事業投資、貿易、EC、銀行業務
環境破壊解消、貧困救済、多重債務解消、健全な教育、食糧保全、
国の借金返済、国益、新テクノロジー開発、暗号通貨(仮想通貨)支援。

・スマートな貿易取引での活用
・越境ECでの活用
・事業投資での活用
・食糧保全への取り組みとして、穀物の生産関係者へ支援
・国連で定める貧困者層への救済
・など

3.地球環境保全への取組として、CO2削減へつながる事業やスマートな社会活動への支援をする。
スマートな決済方法として、YASUDA CRYPTO決済を活用することで実現させる。
YASUDA CRYPTOは、EC決済としても利用できるため仕組みを用意しています。
様々なEC決済にYASUDA CRYPTOを活用できるシステム提供もします。自分のサイトにYASUDA CRYPTO決済が可能になります。

長期的に展望すると、ブロックチェーンが地球環境を救う。YASUDA CRYPTOを使うことで、地球環境保全につながる。

ブロックチェーンは、改ざんが難しいため透明性が高く、さらに大掛かりなシステムが不要のため、低コストで運用でき、これから世界を大きく革新していく技術になると言われている。

サプライチェーンの透明化
需給管理を最適化し、結果的に持続可能な生産、流通、消費を可能にするのだ。食品のサプライチェーンのデータは、ブロックチェーンを介して記録することで、生産から消費者に届くまでの流れがはっきりとわかる。

分散型の資源管理
ネットワーク全体でデータを管理する技術であり、そのため国を問わないグローバルな供給システムの構築が可能で、エネルギーの直接的な売買やダイナミックな価格設定、需要供給バランスの最適化もできる。

持続可能な金融の新たな源泉
ブロックチェーンベースの金融プラットフォームで資本のアクセスが促進されることで、健全な社会を持続可能にするための資金活用が可能。

地球環境のリサイクルに暗号資産が活用されている
ブロックチェーンは、天然資源を評価する方法を根本的に変え、現在は廃棄されているモノに経済的な価値をもたらす可能性を秘めている。たとえばプラスチックバンクは、海洋に廃棄されたプラスチックごみの収集と引き換えに、リサイクルトークンと呼ばれる通貨を発行しているようだ。廃棄物の積極的なリサイクルが進むことで、循環経済を実現する一歩となる。

4.YT-TAXの活用で利益をシェアする。
暗号資産通貨(仮想通貨)の取引において、TAXフィーの発生する仕組の開発に成功した。そのため、
YASUDA CRYPTOの取引において、ガス料金とYT-TAXが発生するが、そのTAXフィーを提供する。

(主な4つのTAX FEE利益)
独自のYT-TAXの仕組みで国益や新たなサービス創造を可能にする。

4種類のYT-TAX (FIBC)の活用
現在、YASUDA CRYPTOでは、以下のTAX サービス課金を行い持続可能な通貨として永続的に利用するように配慮した。

F-TAX(未来への利益、借金返済の支援:コイン保有者ウォレットへコイン提供、換金支援)
B-TAX(事業への利益、スマートな社会への投資支援:CO2削減等の持続社会へのプラットホームへの投資資金の提供など)
I-TAX (投資家への利益。YASUDA CRYPTO運用費用としてEFOOD への還元)
C-TAX (各国の国益のため各国の金融機関を通じて、取引手数料と融資の場合の保証枠を提供する。各国への資金支援として適正と判断される場合、資金提供する。国連への報告を行う)

イーサリアムのブロックチェーンを活用した独自のスマートコントラクトで開発したYT-TAXは、世界の暗号資産通貨(仮想通貨)の取引における新たな課金を行う仕組である。イーサリアムのブロックチェーンへの利用は、通常、ガス料金が発生するが、同時に独自のスマートコントラクト利用課金として暗号資産通貨(仮想通貨)利用時に課税し、各管轄国で税収益を得ることができる。Yasuda Cryptoでは、各管轄国の税収益をそのまま提供する。

Yasuda Cryptoの管理会社であるYT CRYPTO MANAGEMENT 社が各国の代表団体と契約を行い税収益を得れるように管理する。YT CRYPTO MANAGEMENTと契約した代理店で行う場合もある。最初にその代理店とYT CRYPTO MANAGEMENTその契約は2年契約としている。

世界の暗号通貨(仮想通貨)の取引サービスを活用したい場合や代理店希望の場合、管理会社への問い合わせをして欲しい。

■Contact us
Y.T Crypto Management Co., Ltd.

173 Asia Centre Building, 27th Floor wework #27-111 , South Sathorn Rd.
Thungmahamek Sathorn Bangkok 10120 Thailand
info@yt-crypto.com

5.健全な世界の暗号資産通貨(仮想通貨)の取引への支援
暗号資産通貨は、デミリットよりも多くのメリットを有します。スマートな社会において金融の簡素化は、ネット社会になった現在に必要不可欠です。物とお金の交換は、ネット決済が可能になった現在に、暗号資産通貨(仮想通貨)での決済がより多くの利用メリットを生むと期待されている。暗号資産通貨での決済は、送金手数料も通常のクレジット決済や銀行決済等よりも安く処理が早いところが魅力である。また、ブロックチェーンを活用した決済であるため、安全な技術になっている。

また、様々な新しい取組や目的に多くの暗号資産通貨(仮想通貨)が生まれている。新しい取組を行う事業者の開発と実用化への投資は、巨大化する中それに担う投資回収はできていないことは、今後の成長に不安を感じることになるため、YASUDA CRYPTOは、それらの暗号資産通貨(仮想通貨)への支援を適正と監査によって行う。

これまでの銀行業務やクレジット業務における無駄とシステムとしての限界に対して、流動性の高い暗号資産通貨(仮想通貨)活用のスマートな社会へのために、暗号資産通貨(仮想通貨)事業者への支援を行う。その中で最も高い課題となっているのは、中央集権型ブロックチェーンと非中央集権型ブロックチェーンの存在が融合しない事である。
我々は、新たな進化した技術の提供として、中央集権型ブロックチェーンとリンクすることができる非中央集権型ブロックチェーンのターミナルとして開発されたのが、YASUDA CRYPTOである。世界の暗号資産通貨とリアルマネーとの交換するために最適化された通貨と言える。
YASUDA CRYPTOは、中央集権型ブロックチェーンとのリンクを可能にするほか、他のサービスを提供するブロックチェーンにも連結することが可能である。

6.YASUDA CRYPTO は、SDGs(Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標))を支援します。SDGsのターゲットを対象に支援します。

(世界の貧困)
私どもは、世界の貧困に終止符を打つため、必要な所に必要な資金を無償提供および融資し、経済的発展へ繋がる取組を行います。

(世界の飢餓)
私どもは、世界の飢餓に終止符を打つため、必要な所に必要な食糧確保と栄養補給のための食物の無償提供を行います。食糧確保を行う団体への融資や資金提供を行い、経済的発展へ繋がる取組を行います。

(世界の福祉と薬、栄養補給のための食物)
私どもは、あらゆる年齢のすべての人の健康のため、世界の福祉を促進し、必要な所に必要な薬の確保と無償提供、栄養補給のための食物の無償提供を行います。福祉の事業を行う団体への融資や資金提供を行い、経済的発展へ繋がる取組を行います。

(世界の生涯学習、学習教材)
私どもは、あらゆる年齢のすべての人の生涯学習のため、質の高い教育を促進巣rため、必要な所に必要な学習の機会と無償奨学金の提供、教科書等の学習教材の無償提供を行います。教育の事業を行う団体への融資や資金提供を行い、経済的発展へ繋がる取組を行います。

公式特典販売期間:2019年6月21日から2020年4月30日
※指定数量の販売数量に達した場合は、売り切れとなり、販売期間内でも特典購入ができない。

購入の申し込み開始:2019年6月21日から開始
以下の購入・購入予約サイトを活用ください。

https://yasudacrypto.com

Yasuda Crypto は、2019年6月17日に暗号資産の国際基準ERC20において正式に
イーサリアムベースの通貨として登録されました。